「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

なでしこジャパン大儀見の意外性のあるシュートでイタリアに1-0で快勝

 

カナダW杯前最後の強化試合が28日に行われ、

なでしこジャパンはイタリア代表と対戦しました。

試合は、なでしこジャパンが大儀見選手が難しいクロスにピンポイントで合わせ

1-0で快勝しました。

 

スタメンには、前回のW杯で澤選手とダブルボランチを組んだ

中盤の要である阪口選手が先発メンバーとして先発出場しました。 

 

18分に大儀見選手からのパスをドリブルで持ち込んだ大野選手が

左足シュートを放ちましたが、惜しくもポストを直撃しゴールはなりません。

 

28分には大野選手からのパスを、大儀見選手がフィニッシュに持ち込みましたが、

ディフェンスに阻まれゴールを外れてしまいます。

なでしこジャパンは、何回か両サイドから崩す形がとれましたが、

得点に結びつけることはできず、前半は0-0のスコアレスでした。

後半から、なでしこジャパンは川澄選手に代えて菅澤選手を投入しFWを強化します。

なでしこジャパンは52分、中央のこぼれ球を拾った澤選手からの

パスを受けた宇津木選手の左足から、速く低いクロスが中央に入ります。

このクロスに大儀見選手がピンポントで合わせて先制点を奪いました。

        f:id:syosakoi:20150524222224p:plain

斜め後ろからの難しいクロスでしたが、大儀見選手は、デイフェンダーの前に入り

ダイレクトでゴール左スミに流し込みました。

大儀見選手得意の意外性のあるシュートが見事に決まった得点でした。


62分、澤選手に代えて鮫島選手を、69分には近賀選手に代えて有吉選手が

ピッチに送り出されました。
さらに82分には、大儀見選手に代えて安藤選手、

85分には宮間選手に代えて川村選手を

投入しできるだけ多くの選手をピッチに送りこみました。


試合はこのまま1―0で終了しました。

2点目は奪えませんでしたが、守備の面でも安定しており危なげない試合運びでした。

これでなでしこジャパンは、

良いイメージで連覇を目指してカナダW杯へ出発できます。