読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

イヤホン自転車運転は違反ではありませんが・・・・・

 

 

平成27年6月1日より、自転車危険運転の罰則が強化される法律が施行されました。

危険行為には、3時間5,700円講習受講が義務づけられました。

警察庁では、自転車運転の「危険な違反行為」として、

信号無視や酒酔い運転など14の危険行為を対象とすることを決めました。

自転車を運転して14の危険な行為を行い、3年以内に2回以上検挙された場合、

安全講習の受講が義務づけられることになりました。

果たして「イヤホンで音楽を聴きながらの運転」は、

14の危険行為に含まれるのでしょうか。

       f:id:syosakoi:20150528224152j:plain

 

結論を先に言いますと

「イヤホン運転」は安全講習の対象ではありません。

ところが、今朝のTV番組でも、自動車教習所を借りて、

イヤホンを付けて自転車を運転している人に、声をかけたり、

クラクションを鳴らしたりして、聞こえているかどうかを実験していました。

5人の実験者の内3人が聞こえていませんでした。

こうした実験を放映することは、イヤホンを付けて自転車を運転することは、

14の危険行為に含まれるものと私は、思っていました。

 

警視庁の交通相談センターでは、

「安全講習の対象となる14の危険行為に、自転車のイヤホン運転は含まれない」

と、明確な見解が示されています。

 

自転車のイヤホンについては、東京都などが条例で

「イヤホン等を使用して又は声が聞こえないような状態で運転しないこと」

と規制しています。

これは、イヤホンに限ら ず「音や声が聞こえない状態」はダメということです。

 

自転車のイヤホンは14の危険行為に含まれていないということですが、

そもそも今回の道路法が改正されたのは、自転車による事故が増加し、

死亡に繋がるような事故が多発したことに起因しています。

 

法改正の主旨を考えれば、14の危険行為に含まれるかどうかは別問題で、

【自転車事故で加害者にも被害者にもならない】

ことが最も大事なことですから、当然イヤホン運転は自粛すべきだと思います。

次回は不幸にして、もし自転車事故を起こした場合の対策(保険)
について調べてみたいと思います。