「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

古都京都・鎌倉に咲く紫陽花鑑賞に行きましょう

<

 

 

雨に紫陽花がよく似合う季節がやってきました。

紫陽花は種類や咲く場所によって違った趣のある雰囲気を感じさせる花です。

歴史と伝統の古都京都・鎌倉のお寺などに咲いている紫陽花をみると

しみじ みとした風情やしっとりとした雰囲気を感じさせ、

日本人に生まれてきた幸せを味わうことができます。

 

6月~7月の古都京都・鎌倉に出かけてみましょう。

 

f:id:syosakoi:20150613173638j:plain

いつの季節に訪れても見どころの多い京都ですが、

雨の京都に似合う紫陽花の名所は、大原三千院です。

三千院は、京都市左京区大原ののどかな風景が広がる中にある天台宗の寺院です。

京都市街からかなり離れているところにもかかわらず、

歌にも歌われているので、多くの参拝客で賑わいます。

この季節には、院内の青苔も生き生きとした様子を見せるようになります。

三千院のあじさいは、6月上旬の小あじさいに始まり、           7月中旬まであじさいが咲き誇ります。                  一般的なあじさいのほかに、山あじさいや額(ガク)あじさい、       珍しい星あじさいなど種類も豊富です。

近県からでしたら、日帰りで三千院の紫陽花を楽しめる           格安バスツアーもあります。京都は観光客も多く、自家用車だと駐車場が満車だったりするので、バスツアーがお薦めです。

f:id:syosakoi:20150613174252j:plain

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

西の京都、東の鎌倉とよく言われますが、紫陽花は鎌倉の方が有名です。   鎌倉の「紫陽花」は、5月下旬頃から色づきはじめ、            6月上旬から中旬頃が見頃になります。

特に、明月院長谷寺成就院は、「紫陽花の三大名所」と呼ばれほど    見応えがあります。

f:id:syosakoi:20150613180027j:plain f:id:syosakoi:20150613180036j:plain f:id:syosakoi:20150613180046j:plain

鎌倉も都心からの格安バスツアーがありました。

f:id:syosakoi:20150613180229j:plain

 

京都も鎌倉も伝統的な寺院や庭を散策するだけでも十分楽しむことができますが、

梅雨時期の今、紫陽花と調和した雰囲気を味わうことができ、魅力倍増です。