読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

父の日は子供に感謝する日だと思います。。

 

今年も父の日が近づいてきました。

(父の日は、毎年6月第三日曜日です。)

まだ、プレゼントに迷われている方もおられるかもしれません。

 

まだ決められていない方は、『ステテコ』に限らず、

トランス、靴下など日常身につけるものがいいのではないでしょうか。

消耗品ですし、あまり好みにこだわる物ではありません。

何より毎日身につけるので、その度に思い出して喜んでもらえると思います。

 

本当は、特にプレゼントなどは必要ないと思います。

両親は子供からすでにたくさんのプレゼントをもらっているのです。

思い出してみて下さい。

生まれた時の無邪気な笑顔、大声での泣き声さえも愛しく感じました。

ハイハイを始めて目が離せない時期のかわいさ、言葉が話せるようになった嬉しさ、

一緒に寝床で読んだ絵本。手をつないで海に入った海水浴。

それだけで、親として生まれた喜びを感じる至福の時を体験することができたのです。

 f:id:syosakoi:20150617123113j:plain f:id:syosakoi:20150617123124j:plain

 

 

 プレゼントに悩んでいる方、もうプレゼントを渡すことができない方

いろいろな立場の方がおられると思いますが、

あなたの存在そのももが、父親にとってはかけがえのないプレゼントなのです。

手紙でも、メールでも、電話でも父親は、何でも喜んでもらえると思います。

そして、もうプレゼントを渡すことができない方は、どうか思い出してあげて下さい。

 

人間には、二つの死があると言われています。

 ❶体(肉体)が無くなった時

 ❷その人を思い出す人が全ていなくなった時

 体が無くなっても、その人を知る人が生きていれば

精神的にはいつまでも生きているのです。

釈迦・空海坂本龍馬は、今も生き続けていると言えます。

f:id:syosakoi:20150617123148j:plain f:id:syosakoi:20150617123156j:plain

1年に1回だけでも子供に思い出してもらえたら、父親はとても嬉しいと思います。

そして、父親が最も嬉しいことは、子供が自分より1秒、1分、1時間でもいいから

自分より長く生きてくれることです。

それが、父の日の一番のプレゼントだと思います。

もうプレゼントを渡すことができない方

あなたが生きていることだけで最高のプレゼントなのです。

 

改めて、父の日は子供に感謝する日だと思います。