「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

父の日に氏神様へ「ありがとう詣で」に行ってきました。

  今日6月21日は父の日です。

各地でお父さんに感謝するイベントやプレゼント商品が多く見られます。

 

以前、本当は、特にプレゼントなどは必要ないと思います。

両親は子供からすでにたくさんのプレゼントをもらっているのです。

を書かせていただきました。

 

朝出勤する前に、近所の氏神様に参拝しました。

「父親にして下さってありがとうございおます。」

「自分の子供に生まれてくれてありがとうございます。」

と繰り返しました。

 

神社・仏閣への参拝について、小林正観さんが興味ある見解を述べられています。

         

 

小林正観さんの著書『幸せも不幸もないんですよ』から抜粋しました。>

普通は、神社・仏閣はお願いをするところ、と思い込んでおられる人が多いのですが、

要求や要望とは、今、自分が置かれている状況が気に入らない、嫌だ、何とかして、

といわば神様に文句を言っていることかもしれません。

 

要求や要望ばかりお願いする人と感謝だけを伝える人とを見て

神様はどちらの人を喜ばそうとするでしょうか。

神様にお礼を言い続ける「ありがとう詣で」

 「ありがとう詣で」とうのは、お願いごと、要求ごとを一切しないで

ただ「ありがとうございます。」と感謝だけを伝えるという参拝です。

神社・仏閣は、要求・要望をするところではなく、お礼を言いにいくところなのです。

 

私も父の日に「ありがとう詣で」をするのは初めてのことですが、

「父親にしてくれてありがとう。」「お父さんの子供に生まれてくれてありがとう」

と感謝の参拝をして来ました。

あまり大きな神社ではありませんが、ご神木があり厳かな気持ちになります。

感謝を伝えるただけですが、こころの中はすっかり暖かくなりました。

きっと、神様からのプレゼントだったのでしょう。

f:id:syosakoi:20150621123308j:plain f:id:syosakoi:20150621123259j:plain

考えてみれば子供に対して改めて感謝することが今までなかったように思います。

「母の日」や「父の日」ばかりでなく、毎月22日は「夫婦の日」です。

「母の日」や「父の日」が年1回なのに対して、「夫婦の日」は毎月あります。

それだけ、感謝することが多いということかもしれません。

 

毎月1回「夫婦になってくれてありがとう詣で」に行きましょう。