「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

速報なでしこジャパン対オーストラリア戦前半の戦い

 

先制点地元の人もびっくりする非常に暑い日となった今日のカナダ。

日本は、大野、大儀見のツートップ、GKは海堀、

澤はベンチスタートで始まりました。

勝ち切る気持ちが勝負のポイントになると佐々木監督。

 

<選手敬称略>

なでしこは、これまで4試合全て前半に得点を挙げています。

さてこの試合の前半はどういった展開になるか。

サイドにボールを回そうとすう日本、どうやって縦のパスを入れるか。

川澄がかなり中盤でボールに絡みます。

前半8分、ファーストシュートは、縦パスに反応した大野のループシュート

ゴール上に外れます。エドモントスタジアム会場から日本コールも聞こえてきます。

 

前半20分まで一進一退。

オーストラリアは、日本に責めさせてカウンターを狙っている作戦か。

最初のビッグチャンスは、川澄の右センタリングに反応した大野のシュートでした。

 

カウンターのオーストラリア、たまらず岩清水が反則。岩清水にイエーローカード。

嫌な位置でのFK。オーストラリアはトリッキーなFKが得意、

壁をばらけさえてシュートを打つも、ゴール左にはずれます。

 

日本のコーナーキック、選手はかなり水を飲んでいます。

オーストラリアは全員戻っています。宮間からニアの熊谷にあいませんでした。

 

前半35分、宮間のロングシュートですが、GKがはじきます。

続くチャンスのコーナーキック

岩清水がフリーになっていたが、相手選手にはじまれます。

ここまでシュートまでいけているチャンスは日本の方が多い。

 

オーストラリアのカウンター、有吉のいい対応でピンチを防ぐ。

選手が倒れて試合が止まると、両チーム全選手が給水をとります。

前半で得点が欲しいなでしこ。

ボール支配率は、日本68%、オーストラリア32%と日本有利。

 

前半終了間際、鮫島のオーバーラップから、コーナーキックのチャンス。

フォアの熊谷に合わせようとしますが、合いませんあいません。

オーストラリアが、カウンタ―からシュートまで持ち込むもGK正面。

ロスタイムは1分。

 

前半は0-0で終了。勝負は後半に持ち込まれました。