「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

W杯2大会連続ベスト4進出『なでしこジャパン』の評価急上昇

 

準々決勝では、灼熱の暑さの中後半になっても運動量が落ちることなく

オーストラリアを撃破して、2大会連続でベスト4に進出したなでしこジャパン

 

一次リーグであまり調子が上がらず心配されたのですが、決勝トーナメントに入り

本来のパスサッカーと堅実な守備が発揮され評価が高まっています。

      f:id:syosakoi:20150630232633j:plain

 

なでしこジャパンのこの勝負強さはどこからくるのでしょうか。

準々決勝オーストラリア戦の後、キャプテン宮間選手が

「監督の厳しい練習もどんな状況においても、

自分たちは一度も手を抜かなかったという自信があるので、

何があっても大丈夫だと思います」

 

「もうここまで来たら今日のような試合になると思うので、

気持ちの強い方がまた勝つと、ワールドカップを取りに来ているので

もう一度気を引き締め直してやっていきたいと思います」

 

この試合で最優秀選手に選ばれた宇津木選手も

「最後は気持ちしかないですね。宮間選手からも最後は気持ちしかない、

というのは試合中も試合以外の時もあったので、

最後はそれに尽きるかなと思います。」

 

自分たちは一度も手を抜かなかったと言い切れるのは、凄いことです。 

 

W杯のベスト8に残るくらいですから、

決勝トーナメントでは、技術力に大きな差があるチームはありません。

「勝ちたい」とういう気持ちが対戦相手よりどれだけ強いかが試されます。

なでしこジャパンの気持ちの強さはおそらく、女子サッカーを取り巻く環境や

選手達が育ってきた過程にあるのだと思うのです。

 

 ❶男子チームに比べて、待遇や収入に恵まれているわけではありません。

 ❷海外でプレーしている選手もサッカー協会からの強化費で成り立っています。

 ❸小さい頃から男子に混ざって鍛えられてきました。

 ❹女子サッカーが人気がない頃もあきらめずにサッカーを続けてきました。

 ❺前回のW杯を制したことで、自分たちのやっていることに自信がつきました。

 

サッカーが好きで好きでなければできないことです。

ハングリー精神とはまた違ったサッカーやチームメイトに対する愛情を感じます。

 

W杯連覇まであと2試合です。

残り2試合では気持ちも大切ですが、

『サッカーの神様の後押し』必要だと思うのです。

神様の後押しを引き出すことができるは、

このW杯が最後となる澤選手しかいません。

考えてみて下さい、キャプテン宮間選手も川澄選手も子供の頃、

澤選手へのあこがれがサッカーを始めるキッカケだったのです。

そんな2人が、今なでしこジャパンの中心選手として活躍しています。

 

f:id:syosakoi:20150630232837j:plain  f:id:syosakoi:20150630232816j:plain

他の人を幸せに導く澤選手を、サッカーの神様が味方しないはずがありません。

決勝トーナメントに入ってからは、スタメンを外れていますが、

残り2試合には、必ず澤選手の力が必要になる時がくると信じています。