読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

わかりやすく覚えやすい七夕物語を子供さんへ聞かせて

 

 7月7日の七夕が近づいてきました。

七夕といえばロマンチックな伝説のイメージがありますが、

好きな人と1年に1回しか会えないのはつらい話と思うのは大人の考えで、

子供にとっては、笹に願いごとを書いて取り付ける楽しいイベントだと思います。

小さいお子さんに絵本を読みながら七夕の話をしてあげれば家族で楽しめます。

そこで簡単に覚えやすい七夕伝説の紹介です。

f:id:syosakoi:20150701194358j:plain f:id:syosakoi:20150701194406j:plain

 

<七夕の楽しみ方から引用しました>

七夕物語

夜空にキラキラときらめくのは天の川

天の川のほとりでは天の神様の娘「おりひめ」世にも美しいはたを織っていました。

おりひめの織る布は五色に光り輝いて、

季節が変わるごとに色が変わるというそれは美しいものでした。

天の神様はそんな娘がとても自慢でしたが、おりひめははたを織るのに一生懸命で、

自分の髪や服をかまおうともしません。

 

そんな姿をかわいそうに思った天の神様は

「おりひめもそろそろ年頃なのに、人のはたを織ってばかりではかわいそうじゃ。

そうだ、おりひめにふさわしいむこを探してやろう」

天の神様はさっそくあちこちを探しまわりました。

 

「どこかにおりひめに似合うむこはいないかのぅ…」

天の神様が天の川の岸辺をずっと歩いていると、

そこで牛の世話をしている若者と出会いました。

若者は「ひこぼし」といい、牛に水をやったりえさの用意をしたり

畑仕事に精を出したりと、休む間もなくまじめに仕事をしています。

「うむ、この働き者の青年であれば、おりひめと幸せに暮らしていけるじゃろう」

         f:id:syosakoi:20150701194744p:plain

天の神様はおりひめの結婚相手にひこぼしを選びました。

おりひめとひこぼしはお互いにひとめで好きになり、仲の良い夫婦になりました。

しかし、結婚してからふたりは遊んでばかりで、少しも仕事をしようとしません。

おりひめのはた織りの機械にはほこりがかぶり、

ひこぼしの飼っていた牛もえさをやらなくなったのでだんだんやせてきました。

 

心配した天の神さまが注意をしてもふたりは

「はい。わかりました」と答えるだけでまったく仕事をしようとしません。

おりひめがはたを織らなくなったので空の神さまたちの服はもちろん、

天の神さまの服もボロボロになってしまいました。

 

ひこぼしも仕事をしなくなったので、畑は草がぼうぼうに生えて作物はすっかり枯れ

牛はついに病気になってしまいました。

おこった天の神様は

「もうお前たちふたりを会わせるわけにはいかぬ」

おりひめを天の川の西へひこぼしを天の川の東へとむりやり引き離しました。


そうして二人は広い広い天の川をはさんで別れ別れになり、

おたがいの姿をみることさえできなくなったのです。

それからというもの、おりひめは毎日泣きくらすばかりで、

まったくはたを織ろうとしませんでした。

ひこぼしも家に閉じこもってしまい牛の病気はますますひどくなるばかりです。

 

こまった天の神さまはふたりにいいました。

「おまえたちが前のように毎日まじめに働くのなら、

一年に一度だけふたりが会うのを許そう」

 

一年に一度、7月7日の夜にあえることを楽しみにして

おりひめとひこぼしは心をいれかえてまじめに働き始めました。

そしておりひめは前にもまして美しいはたを織るようになったので

みんなはとても喜びました、

ひこぼしも一生懸命牛を世話し畑を耕したので、

牛はすっかり元気になり畑にもゆたかな作物が実りました。

 

やがて待ちに待った7月7日の夜になると、

おりひめとひこぼしは天の川をわたり一年に一度のデートを楽しみます。

しかし、その日に雨が降ると川の水かさが増して川を渡ることができません。

すると、どこからかカササギという鳥の群れがやってきて

天の川の中に翼をつらねて橋となり、おりひめひこぼしを会わせてくれるのでした。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

            

笹に飾りをつけて、絵本を読みながら親子で夜空を見て七夕物語を話してあげると

いい思い出になると思います。

子供はすぐに大きくなって、一緒に七夕を楽しめる期間はすぐに過ぎてしまいます。

 

七夕は、元々は子どもの成長を願う節句の一つだったようです。

お父さんは「七夕物語」を読み、お母さんは「七夕特別料理」をつくり

家族全員でお祝いです。

おりひめひこぼしもきっとそんな楽しい家庭をつくりたかったのだと思います。