「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

「なでしこジャパン」連覇の夢、バンクーバーではかなく散る

 

なでしこジャパンがアメリカを倒すためには、

接戦に持ち込むことでしか勝機はないと思っていましたが、

序盤の失点があまりに大きく、なでしこジャパンらしい戦いを見せることができずに、

連覇の夢はバンクーバーで、はかなく散ってしまいました。

 

サッカーでは前半の開始10分と終了間際の10分が要注意の時間帯と言われています。

特に最初の10分で失点すると、試合が決まってしまうことがあるので、

どのチームもセフテイファーストのプレーをこころ掛けます。

そんなセオリーは百も承知の選手達ですが、

W杯の決勝という大舞台の魔物に飲み込まれてしまったのかもしれません。

f:id:syosakoi:20150706200645j:plain f:id:syosakoi:20150706200659j:plain

 

3年前のロンドンオリンピックで号泣した宮間キャプテンは、

雪辱をはたすことができませんでしたが、印象に残る言葉がありました。

 

「自分がやれることがすべてやれたし、チームのみんなも本当に頑張った」

と仲間を称える宮間選手。

4年間で得たものを問われると「最高の仲間です」と胸を張ったが、

目からは涙がこぼれていました。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 
小林正観さんの著書『で、何が問題なんですか』より>
お釈迦さまの第一の弟子と言われたアーナンダは、
あるときお釈迦さまにこう言ったそうです。
 
「お師匠さま、今日、私はあることで突然、頭の中に閃(ひらめ)きが生じました。
私たちは《聖なる道》を追い求めているわけですが、もしかしたら、よき友を得るということは、《聖なる道》の半ばを手に入れたと言っていいのではないでしょうか」

《聖なる道》というのは、自分の中に悩み、苦しみ、煩悩がなくて、
いつも幸せで楽しくて執着がない状態のことです。

するとお釈迦様は
「アーナンダよ、“良き友”を得られたら、
それは《聖なる道》の半ばを手に入れたということではない」と言ったんです。

お釈迦様は言葉を続けて
「アーナンダよ、良き友を得ることは《聖なる道》のすべてを手に入れることである」
同じ価値観をもち、同じ方向に向っている人を自分の友人にすることは、
実は人生のすべてだとお釈迦様はおっしゃっているのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

連覇を果たすことはできませんでしたが、
宮間選手は人生で手にいれることのできる全てを手にいれているのでした。
 
ありがとうなでしこジャパン。お疲れ様でした。