読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「そ・わ・か」の法則「き・く・あ」の実践を羅針盤とし念を入れて日々是好日

「そ・わ・か」(掃除・笑い・感謝)の法則と「き・く・あ」(競わない・比べない・争わない)の実践にて、毎日が日々是好日です。心豊かな人生を送る物の見方道を極めていきます。

平成27年国勢調査のビックチャレンジ『インターネット回答』を実行しました。

 

5年に一度行われるこの度の平成27年国勢調査においては、

初めてインターネットによる回答が可能になりました。

TVでも頻繁にCMが流されているので、皆さんもよくご存じのことと思います。

 

パソコンやスマートフォンの普及により可能になったのですが、

 総務省はHPで国勢調査のビックチャレンジ』と唱って、

インターネットによる回答を推進しています。                        

      f:id:syosakoi:20150916123557p:plain

 

    総務省では1000万世帯を越えるインターネット回答を想定しているそうです。

     

★★★国勢調査とは★★★

国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする

国の最も重要な統計調査です。

国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、

統計法という法律に基づいて5年に一度実施されます。

国勢調査の結果は福祉施策や生活環境整備、災害対策など、

日本の未来をつくるために欠かせない様々な施策の

計画策定などに利用されます。

 

私の住居にも調査員の方が2度こられましたが、平日であった為不在だったので、

面談してお会いすることはできませんでしたが、インターネット 回答の案内と

調査対象者IDと初期パスワードが記載された利用者情報の書類が投函されていました。

 

   ★★★インターネット回答の感想★★★

実際にインターネット回答を利用してみましたが、とても簡単でした。

職場の始業前時間を利用して回答しました。所用時間は5分~10分くらいで完了です。

回答操作が複雑だと懸念していましたが、

画面・操作はとてもわかり易く、シンプルでスムーズに回答することができました。

 

今までは国勢調査を書面にて記載してきましたが、記載や訂正するのが煩わしく

所用時間も30分以上必要だったのではないかと思います。

 

※私が考える国勢調査インターネット回答のメリット

  1. 利用者は書面に記入するより簡単に回答でき、所要時間も短くてすみます。
  2. スマホやタブッレトなら移動時間を利用しても回答が可能です。
  3. セキュリテイーも人的ミスが発生する可能性が減少します。
  4. 行政側は調査員の調査表の回収作業が削減されます。
  5. 集計作業も調査表を改めてデータ入力する必要がないので、作業が軽減されます

まだまだメリットがあるかもしれませんが、

利用者・行政共に時間・作業・経費が減少することは明らかだと思います。

       f:id:syosakoi:20150916123755j:plain

今後は、自宅にパソコンを所有していない方もおられると思いますので、

企業としても従業員の方が、昼休憩時間を利用して

職場のPCから回答できるように協力する支援を行えば、

国勢調査のインターネット回答はさらに普及していくのではないでしょうか